ありがとうございました!こども手帳術 富山初講座

先日の星野けいこ先生のこども手帳術富山講座。

おかげさまで、無事に開催できました。

けいこ先生に富山に来て下さいと無謀なお願いをしてから

2年越し。念願かなっての開催に感動もひとしお。



会場のメリースマイルカフェさんはとっても素敵なカフェ。

全面協力いただいて一日会場として使わせていただきました。


午前のこども手帳術基礎講座。

こども手帳の大切なポイント。

誰の手帳なのか?

親の指示を出すためのものではないということ。

何度も繰り返しキーワードを伝えてくださったのですが、

こども手帳を作ろうとあれこれ考えだしたら

親の立場が優先して忘れてしまいそうになる。

ここが大事とけいこ先生が繰り返していたキーワード。

みなさん、お忘れなく。


お昼はメリースマイルカフェさん特製メリスマランチ!

今回はビーフストロガノフ。たっぷりのサラダもつけてくださいました。
(食べて話すのに夢中で画像が撮れてませんでした(TヘT;))
フレーバーの違う美味しいお水を出してくださり、
参加のみなさんも飲み比べてたのしんでいらっしゃいました。

おいしいランチを食べながら、話は盛り上がり楽しいお昼時間でした


午後の部は、夏休み☆こども手帳術。

今の時期にピッタリ。

みなさんも現実問題に向かい合い真剣でした。

お子さんとの計画の立て方。

計画に時間をかける意味。

親がどういう立ち位置でお子さんと計画を立てるのか。

我が子の時に知りたかったと、密かに思っておりました(;'∀')


手帳作りの時の親と子の関わり方。

これって普段の生活の中でもとても大切なこと。

こども自身のことをこども自身に決めさせる。

決めたことをやり遂げるために親はサポーターになる。

こども手帳術では親として学ぶべき大切な姿勢がみえました。

PhotoFancie_2015_07_05_21_09_53.jpeg


けいこ先生のお子さんの生こども手帳。

みなさん真剣なまなざしでした。

いろいろ質問もあり、すぐにけいこ先生が答えてくださる。

講座ならでは、理解度が格段に違います

さらに、けいこ先生ご自身の手帳も拝見!

興味津々とても貴重な機会でした。

早速アイデアをいただいて実行した方もいます。

長くなったので続きはレポートはその2で。




さていよいよ明日、

8月のあな吉さん金沢2DAY’Sの詳細をお知らせします!

お楽しみに




スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP